麻雀をする上では、実際にどのようなゲームになるのかというと、初心者の方にはイメージがわかないと思います。そこで麻雀がどのようにスタートして、どのように終わるのかということをお話します。

ゲームの人数とゲーム時間について

まず、麻雀のプレイヤーは4人になります。この他に3人や2人で遊ぶ場合もありますが、通常は4人で正方形の麻雀卓を囲んでゲームをすることになります。まず行われるのは各プレイヤーに点棒が配られます。この場合各プレイヤーに配られる点棒は、通常は25000点からとなります。

麻雀のゲームは、半荘を単位で行います。この半荘という単位も前半4局、後半4局で構成されていて、東場(トンバ)、後半を南場(ナンバ)といいます。ゲームは東場1局からスタートして東場4局が終わると、南入となり、南1局からスタートして南4局でゲームは終了します。この局という単位は、親が変わるごとに変更することになります。そのため、一人が勝ち続けると、その局が終わらなくなり、麻雀が長時間続く理由はここにあります。そのため、東場だけゲームをするという、東風戦があり、東風戦ですと、ゲーム時間を短縮することが出来ますので、ネット麻雀が普及していることもあって、麻雀人口が近年増加している原因の一つとされています。

親と子

麻雀をする場合には、上記でもう少し説明しましたが、麻雀は局ごとにプレイヤー1名を親、その他の3人を子とします。親は東家(トンチャ)といい、親から時計回りとは逆にゲームの位置を南家(ナンチャ)、西家(シャーチャ)、北家(ペーチャ)といいます。一番最初のゲームの親を起家(チーチャ)とと言います。ひとつの局が終了すると、それまで南家であったプレイヤーが次の局の親となります。その局が終わると、西家、西家の局が終わると、北家の局となり、この局が終わると、東場が終わり、次の南場の局に入り、東家の局がスタートという流れになります。

座席と起家を決める

麻雀をスタートする場合には、プレイヤーの座席を決めます。この方法は3種類ほどあります。一つは、東、西、南、北の4つの牌を裏返しして、かき混ぜて、1枚づつ引き、東を引いたプレイヤーが好きな場所を座って、そこから反時計まわりに南・西・北の順に座ります。もう一つは東、西、南、北の4つの牌に白を加えて、白を引いたプレイヤーが居た席に東を引いたプレイヤーが座り以下は同様にします。この他には、東、南、西、北の牌を裏向きに混ぜて並べその左右に奇数と偶数の数牌を表向きに置き、さらにサイコロを振って出た目により引く牌を決め引いた牌により座席を決めます。以上が席の決め方です。座席が決まると、次に起家を決めます。まず、仮親を決めます。方法としては東の位置に当たるプレイヤーがサイコロを2つ振り、サイコロを降ったプレイヤーから反時計回りに数えてサイコロの目の位置にあたったプレイヤーが、仮親になります。次に仮親がサイコロを2つ振り、仮親から反時計回りに数えて、骰子の眼に当たるプレイヤーが起家となります。(なお、サイコロを1回振るだけで起家を決めてしまう場合もあります。)

局の進行

ゲームのスタート(局)に当たり、牌を裏返してかき混ぜて牌を並べます。これを配牌と言いますが、こちらも親が14枚、子が13枚ずつ牌を取得します。この場合、トランプのゲームと同様他のプレイヤーから見えないように正面に配置します。配牌からその後にわたって、手元にある牌を手牌といいます。ここまでゲームのスタートの準備が完了します。配牌が完了しますと、ゲームがスタートになり、まず親が14枚から不要な牌を1枚捨てます。以後は各プレイヤーが反時計回りに順番に行い、自分の順番が来たら山の端から牌を1枚取得し、その後不要な牌を1枚捨てます。なお、捨てた牌は表向きにして並べていきます。以降、プレイヤーは順番に自摸および打牌を繰り返し和了を目指します。そして、いずれかのプレイヤーが和了った場合、その局は終了します。これを繰り返して半荘が終わると、麻雀のゲームも終了します。