多くの人が麻雀を始めるときは、あたり前のことですが、初心者です。麻雀パイを揃えることからスタートして、好きな人は麻雀にハマっていくということになります。麻雀の勝ち負けについては運も大きな役割を果たすということは否めません。ただ、ずっとやり続けていると、初心者よりも上級者のほうがほぼ確実に強いです。それはどうしてかというと、麻雀というゲームは戦略性が高いからです。例えば誰かが捨てている牌を見ていて、どういう役を狙っているのかということを考えたり、自分に回ってきた牌をこれからどのように展開していけばいいのかというようなことを試行錯誤して勝負をしていくというところに、麻雀の醍醐味があると思います。そこで、麻雀も勝負になりますので、勝たないと面白くないですよね。強くなるためには、他のゲーム同様、勉強するということはとても大切なことです。そこで、麻雀の初級者からそれ以上に上がっていくにはどのような勉強方法があるのかということを解説したいと思います。

とにかくゲームをする

麻雀で強くなるためには、まずは麻雀をするということです。周囲に麻雀のできる人がいるのであれば、仲間に入れてもらって、麻雀をやりながら覚えていくというのが、麻雀そのものが楽しいですし、持続することができると思います。もし、相手がいないという場合でも、今はオンライン麻雀がありますから、そこで参加して、とにかくに実戦をして、場数を踏んでいくということが上達への早道となります。

役と点数計算を覚える

実戦をしていく上で大事なことは、役を覚えることです。麻雀で上がる場合には役を作っていくことですし、そこに麻雀の楽しさがあります。例えば、麻雀で局で勝つには積もればいいだけであれば、麻雀も面白くありません。麻雀には色々な役があり、その役は難易度が高ければ出現しにくいですし、難易度の低い役、例えばピンフやタンヤオなどであれば、意外と簡単に作ることが出来ます。つまり、ゲームをしていく上で自分が実現させたい役を作る挑戦をゲームの中で進めていくと、麻雀のゲーム性が高くなり、とても楽しくなります。また、役の種類やその役の作り方などは、インターネットのユーザーページにもアップされていますし、ノウハウ本もあるので、そのような手段などで学ぶということもおすすめしたいところです。

あとは点数計算も覚えるようにしましょう。麻雀のルールで一番難しいのが点数計算です。点数計算はとても面倒で、複雑であるということもあり、麻雀の初心者は避ける傾向にあります。ところが麻雀の点数計算を覚えると、ゲームをしているときに、自分の点数がわかりまうし、どのような上がり方をすればわかり、その結果ゲームに戦略性が増えるので、ますます面白くなります。特に雀荘などで麻雀をしたいという人は是非点数計算を覚えるようにしましょう。点数計算についても、点数計算の入門書も販売されているので、口コミなどをチェックして本を読んで学ぶことをおすすめします。

以上が初心者の麻雀の勉強としては必須雨となりますので、ぜひマスターするようにしましょう

攻めの戦術を学ぶ

以上の点をマスターすると、これから中級者ということになりますが、麻雀の中級者として身につけたいことは、攻めの戦術です。

麻雀には守りの戦術ももちろんあるのですが、まずは攻めの戦術を学びましょう。麻雀における攻めの戦術というのは、最初に配牌が終わったときに、この局ではどのような役を目指すのかということを考えることです。すでに初心者のときに役を覚えていますので、配牌が終わればどういう牌を集めて、どういう牌を捨てるべきかということがわかってきます。ここが中級者になるための通るべき部分ですので、冒頭でもご案内したように、とにかく実戦をして、麻雀独自の感覚を身につけていくようにしましょう。